忘れても安心!Dr.Fone Wondershareのパスワード管理の特徴や使い方

忘れても安心!Dr.Fone Wondershareのパスワード管理の特徴や使い方

「パスワードを忘れてしまって、アクセスできなくなった」
「パスワードを忘れてしまわないか不安」
「パスワードをどこに保存したかわからなくなった」
そのような方におすすめなのが、Wondershare Dr.Foneのパスワード管理です。

Wondershare Dr.Foneのパスワード管理は、iPhoneでどこに保存したかわからなくなったようなパスワードをスキャンし見つけ出せます。

そのため、万が一パスワードがわからなくなった場合の対策として、非常に便利です。

この記事を読めば、Dr.Foneのパスワード管理の使い方やその特徴までしっかりとわかりますよ。

Dr.Fone パスワード管理の特徴

パスワード

Dr.Foneのパスワード管理の特徴は以下のものがあります。

  • 安全性が高い
  • 素早く確認できる
  • 簡単に利用可能

これらの特徴があるため、簡単かつ安心して利用できるのが、Dr.Foneのパスワード管理の特徴です。

ただし、2021年11月19日現在では、まだWindows版のみでMacには対応していません。

近日中に対応されるかと思いますので、それまで少々お待ちください。

 

安全性が高い

Dr.Foneのパスワード管理は安全性の高さが特徴です。

データ漏洩の心配をする必要はなく、安心できるツールのため、気軽に導入できます。

なお、以下のようなデータをスキャンし見つけることが可能です。

  • Apple IDとパスワード
  • メールアカウント
  • クレジットカード情報
  • Webサイト上のパスワード
  • Wi-Fiのパスコード
  • スクリーンタイムのパスワード

これらのパスワードを忘れてしまうと、やろうと思っていた作業や購入手続きなどができなくなり、困ってしまいます。

 

素早く確認できる

安心する女性

Dr.Foneのパスワード管理は素早く確認できることが特徴です。

複数のメールアドレスを管理するのは大幅な手間がかかり、どこにどのようなパスワードがあるかわからなくなることもあります。

処理時間が短く、すぐに起動可能で、アカウントとパスワードを素早くスキャンできます。

また、もしスクリーンタイム時にパスワードが思い出せないような場合でも、スクリーンタイムパスワードを素早く読み出せます。

 

簡単に利用可能

Dr.Foneのパスワード管理は簡単に利用できることが特徴です。

iPhoneやiPadなどで保存されたパスワードを簡単にリスト化でき、CSV形式で書き出すこともできます。

CSVだけではなく、以下の形式で保存されたパスワードを以下の形式にインポートできます。

  • Keeper
  • 1Password
  • LastPass
  • Dashlane
  • Google Chrome

このような形式に対応しているため、Web上での管理も簡単にでき、パスワード管理が簡単にできることもDr.Foneの大きな特徴です。

Dr.Fone パスワード管理の使い方

Dr.Foneは、使い方も簡単で、以下の手順ですぐに使い始められます。

  • アプリの起動
  • ケーブルでコンピューターに接続
  • パスワードの表示

ここでは実際にどのような使い方なのか、画像付きで解説します。

※2021年11月20日現在Mac版での利用はできません。近日中に対応する予定のため、それまでお待ちください。

 

アプリの起動

まずはDr.Foneのアプリを起動します。

起動したら、「パスワード管理」をクリックし起動してください。パスワード管理

 

ケーブルでコンピューターに接続

次に、スマホとコンピューターをケーブルで接続します。

接続画面

画像でも上のようにアナウンスされるため、その指示に従ってください。

もし接続できない場合には、「デバイスが検出されませんか?」をクリックし、原因究明や対処法を確認し、もう一度接続を試みましょう。

 

パスワードの表示

パスワードの表示中

コンピューターにスマホを接続すると、現在スマホの中に保存されているパスワードやIDを一覧で表示されます。

表示されたものは、右下の「エクスポート」を選択することで、別のファイル形式でのダウンロードが可能です。

なお、iPhoneのスクリーンタイムパスコードやApple IDを忘れた場合でも、その画面の状態から接続し、「スキャンの開始」を選択すれば、問題なく利用できます。

 

CSVとして書き出す

「エクスポート」を選択すると、ファイルの形式を選択できます。

CSV形式で検出もできますが、それ以外にも、iPasswordやLastPassに対応した形式でエクスポート可能です。

これらの形式を利用すれば、そのまま、それらのツールにパスワードをインポートできます

一度書き出して保存すれば、パスワードがどこにあるのかすぐにわかるため、パスワード管理がグッと楽になるでしょう。

 

まとめ

パスワードで保護

今回はWondershare Dr.Foneのパスワード管理機能について紹介しました。

Wondershare Dr.Foneのパスワード管理は簡単便利に利用できるソフトで、スマホに保存したパスワードを探すのに役立ちます。

データ漏洩の心配なく利用できるため、安心して利用できるソフトだといえるでしょう。

パスワードをなくしてお困りの方はこの機会にぜひ試してみてはいかがでしょうか。

※2021年11月20日現在のバージョン12は、Mac版での利用はできません。近日中に対応する予定のため、それまでお待ちください。

※バージョンによってはUIが異なる場合がございますのでご了承ください。最新情報はホームページまでご確認お願い致します。

Source: iPhone初心者.com